冬用タイヤレンタルします

〇交換したタイヤもお預かりします。

冬の道路を走るための必須装備“タイヤの滑り止め”には、大きく分けて「冬用タイヤ」と「タイヤチェーン」があります。「冬用タイヤ」とはスタッドレスタイヤとスノータイヤの総称です。冬の高速道路を走る時は、冬用タイヤを装着してください。その上で、突然の大雪などの天候の変化に備えて、タイヤチェーンも常に用意してください。
冬用タイヤとタイヤチェーンはどういったものなのか、それぞれの特徴をご紹介します。スタッドレスタイヤ積雪や凍結などの条件下でも高い能力を発揮できる冬用タイヤの一種。0℃以下という低温でも硬くなりにくい特殊配合のゴムで作られています。溝の形や、切込み(サイピング)を改良し、従来のスノータイヤよりも制動性能が大幅に向上しています。

スノータイヤ積雪や凍結などの条件下でも能力を発揮できる冬用タイヤの一種。雪や凍結路面での制動を良くするため、普通のタイヤより表面に大きな凹凸をつけ、広くて深い溝で確実に雪をつかめる(グリップできる)ようにしたタイヤです。

※冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ、スノータイヤ)の側面には、STUDLESS又はSNOWの文字があります。
※オールシーズンタイヤ(側面にM+S、M.S、M&S又はM/Sの文字がある)は、ある程度までは積雪路面にも対応可能ですが、冬用タイヤに比べ制動性能が劣るため、降雪状況によっては走行できない場合があります。タイヤチェーンスタッドレスタイヤを装着すれば状態の悪い路面も走れるようになりますが、雪道での走行パワーはタイヤチェーンの方が上回ります。ただし、タイヤチェーンは積雪路以外で走行すると切れて事故につながることがあり大変危険なので、長大トンネルなどの前後では、こまめに着脱する必要があります。

※高速道路では、「冬用タイヤ規制」や「チェーン規制」が実施されている場合があります。「チェーン規制」は、大雪特別警報や「大雪に対する緊急発表」が出されるような異例の大雪の時に実施される規制で、スタッドレスタイヤなどの冬用タイヤでもタイヤチェーンを装着していない車は通行できませんので、お出かけの際はタイヤチェーンを必ず持って行きましょう。

出典:道路公団

©  鍋ゴム nabe-gomu All Rights Reserved.
PAGE TOP